最近の美容外科では切らない方法で脂肪吸引を受けることができます

プチ整形で理想のまぶたに

ドクター

美容外科で受ける施術と聞くと、メスを使い皮膚を切開し、縫合する方法を思い浮かべますが、最近では皮膚を切開することなく受けることのできるプチ整形が人気を集めています。岡山の美容外科でも、プチ整形を行なっているクリニックは多く存在します。プチ整形で多く行われている施術が二重にするための施術方法です。顔は人の第一印象を決めるといわれている場所になりますが、目元の印象は大切です。一重や奥二重に悩んでいる人は日本でも非常の多く、二重を作るためのテープや専用ののりも販売されています。しかし、岡山の美容外科でプチ整形の施術を受けることで、簡単に二重になることができるのです。岡山の美容外科で行われている二重まぶたのプチ整形施術では、埋没法といわれる施術方法が一般的に行われています。極細な医療用の糸を使用して、まぶたの裏側に二重の線を作っていきます。そこに、糸を埋め込むことで自然な二重まぶたを形成することができるのです。この埋没法を行なう時は、局部麻酔を使用するので施術中の痛みは心配ありません。岡山の美容外科でも支持されているプチ整形で、施術の時間も15分から30分ほどと非常に短くなっています。短時間で施術が終わるので、その日で帰宅することもできますし、メイクを行なうこともできます。施術を受けて、そのまま出かけることも可能なので、生活の負担にもならない施術方法といえるでしょう。岡山の美容外科で埋没法施術を受ける時のメリットとしては、とにかくダウンタイムが短く、リスクが少ないことが挙げられます。メスを使い、皮膚を切開することはないので、出血や傷口が塞がるまでのケアやダウンタイムの心配はありません。さらに、極細の糸を埋め込むだけのプチ整形になるので、傷跡が残ることもありません。

プチ整形には、二重を作るための埋没法の他にも、まぶたに脂肪が乗ってしまって腫れぼったくなったまぶたにも有効な施術方法があります。まぶたの上に乗った脂肪を取り除き、まぶたをすっきりとさせ、二重にすることもできます。すっきりとした目元になることで、顔全体の印象も変わってくるでしょう。施術方法によっては、メスを使用する場合もありますが、プチ整形であればヒアルロン酸などの注入や、縫い合わせるだけで簡単に効果の得られる施術方法があります。さらに、医療技術が発達したことで、自然で違和感のない仕上がりになります。今まで美容整形に抵抗を感じていた人でも、安心して施術を受けることが可能になりました。目元の印象で悩んでいた人ならなおさらです。プチ整形施術を受けることで、コンプレックスの解消ともなります。